コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポゾラン

1件 の用語解説(ポゾランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポゾラン

コンクリート用のシリカ質混合材。それ自体水硬性はないが,コンクリート中の成分と徐々に化合して不溶性の化合物をつくる。天然のものでは火山灰,凝石灰,ケイ藻土,人工のものではフライアッシュ,焼成した粘土等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のポゾランの言及

【セメント】より

…可溶性シリカ分の多い火山灰,白土,凝灰岩,ケイ藻土などとポルトランドセメントを混合したセメント。なお,シリカ質混合材を総称してポゾランという。可溶性シリカが水和のさい生ずる水酸化カルシウムCa(OH)2とポゾラン反応を起こしてケイ酸カルシウム水和物をつくり,これによって耐火性や長期強度が増すなどセメントの性質が改善される。…

※「ポゾラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポゾランの関連情報