コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポゾラン

1件 の用語解説(ポゾランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポゾラン

コンクリート用のシリカ質混合材。それ自体水硬性はないが,コンクリート中の成分と徐々に化合して不溶性の化合物をつくる。天然のものでは火山灰,凝石灰,ケイ藻土,人工のものではフライアッシュ,焼成した粘土等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のポゾランの言及

【セメント】より

…可溶性シリカ分の多い火山灰,白土,凝灰岩,ケイ藻土などとポルトランドセメントを混合したセメント。なお,シリカ質混合材を総称してポゾランという。可溶性シリカが水和のさい生ずる水酸化カルシウムCa(OH)2とポゾラン反応を起こしてケイ酸カルシウム水和物をつくり,これによって耐火性や長期強度が増すなどセメントの性質が改善される。…

※「ポゾラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポゾランの関連キーワード生コンクリートアスファルトコンクリート混凝土サーモコンクリート捨てコンクリート軽量気泡コンクリートコンクリート舗装グランドコンクリート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポゾランの関連情報