コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水硬性 スイコウセイ

4件 の用語解説(水硬性の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいこう‐せい〔スイカウ‐〕【水硬性】

セメント類などで、水中で硬化がすすむ性質。硬化後も水中では強度が低下しない。ポルトランドセメントアルミナセメントなどが知られる。→気硬性

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水硬性【すいこうせい】

セメントにみられるような,水との反応により硬化して強度をもつようになり,その後水中に置いても強度が低下しない性質。無水塩鉱物が水の存在のもとに,より安定で溶解度のきわめて小さい水和物に変化することによる。
→関連項目ポゾラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいこうせい【水硬性 hydralic property】

ポルトランドセメントのように,水和反応により凝結して強度が得られ,その後水中に置いても強度が低下しない性質をいう。これに対してセッコウのように,強度発現の原因は水和反応によるものであっても,大量の水の存在下では強度が著しく低下する性質を気硬性という。水硬性と気硬性の差の生ずる原因は水和凝結の機構の差による。すなわち水和生成物の溶解度が水硬性物質ではきわめて小さく,一度水和凝固すると二度とは溶け出さないのに対し,気硬性物質では溶解度が大きく水中へ容易に溶け出してしまうため粒子と粒子の結合が破れてしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すいこうせい【水硬性】

セメント類が水と反応し固体として硬化してゆく性質。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水硬性の関連キーワードセメントセメント質ポルトランドセメントシメントセメント瓦セメントペースト基盤セメントセメント石内海三貞笠井真三

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone