人工(読み)にんく

精選版 日本国語大辞典「人工」の解説

にん‐く【人工】

〘名〙 (「にんぐ」とも) 剃髪し、輿をかついだり、馬の口をとったり、また、薙刀などを持って供に立ったりする中間(ちゅうげん)のような者。力者法師。
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「差遣人工。輪撥荘客
※太平記(14C後)四〇「当務の僧供・人工(ニング)・行者に至迄、打殺すのみならず」

じん‐こう【人工】

〘名〙 自然物に人間の力が加えられること。また、人間がつくりだすこと。人のしわざ。人為。人造。
※山陽遺稿(1841)文集・七・耶馬渓図巻記「至羅漢、則人工耳、然皆馬渓之支裔矣」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「人工(ジンコウ)いかほどに妙なりとも、自然の妙工に及ぶべきやは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人工」の解説

じん‐こう【人工】

自然の事物や現象に人間が手を加えること。また、人間の手で自然と同じようなものを作り出したり、自然と同じような現象を起こさせたりすること。「人工の湖」「人工着色」⇔天然
[類語]加工人造

にん‐く【人工】

作業者の手間を数える語。ある仕事に1日または1時間を要する人員数で表し、土木工事の見積り書などに用いられる。→人日にんにち人月にんげつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android