コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工 ジンコウ

デジタル大辞泉の解説

じん‐こう【人工】

自然の事物現象人間が手を加えること。また、人間の手で自然と同じようなものを作り出したり、自然と同じような現象を起こさせたりすること。「人工の湖」「人工着色」⇔天然

にん‐く【人工】

作業者の手間を数える語。ある仕事に1日または1時間を要する人員数で表し、土木工事の見積り書などに用いられる。→人日(にんにち)人月(にんげつ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんこう【人工】

人の手を加えること。人の力で作ること。人造。人為。 ↔ 天然 「 -の美」

にんく【人工】

その仕事に要する作業量を、作業員一人の労働量を基礎に出したもの。仕事に必要な延べ人数。多く、土木建築関係についていう。 「八-の仕事」

にんぐ【人工】

〘仏〙 禅宗で、剃髪して力仕事などの下働きをする者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

人工の関連キーワードアーティフィシャルインテリジェンスエイドクライミング非配偶者間人工授精人工知能システムピッツバーグ方式人造ダイヤモンド人工股関節置換術合成ダイヤモンド人工関節置換術人工放射性原子EAS(医学)人工制限酵素アボーション人工関節手術知能ロボットウロストミーAIシステムオストミースノーガン合成高分子

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工の関連情報