人工(読み)ジンコウ

デジタル大辞泉の解説

じん‐こう【人工】

自然の事物現象人間が手を加えること。また、人間の手で自然と同じようなものを作り出したり、自然と同じような現象を起こさせたりすること。「人工の湖」「人工着色」⇔天然

にん‐く【人工】

作業者の手間を数える語。ある仕事に1日または1時間を要する人員数で表し、土木工事の見積り書などに用いられる。→人日(にんにち)人月(にんげつ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんこう【人工】

人の手を加えること。人の力で作ること。人造。人為。 ⇔ 天然 「 -の美」

にんく【人工】

その仕事に要する作業量を、作業員一人の労働量を基礎に出したもの。仕事に必要な延べ人数。多く、土木建築関係についていう。 「八-の仕事」

にんぐ【人工】

〘仏〙 禅宗で、剃髪して力仕事などの下働きをする者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工の関連情報