ポリビニルカルバゾール(読み)ぽりびにるかるばぞーる(英語表記)polyvinyl carbazole

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光電導性高分子の代表的なもの。正しくはポリ‐N‐ビニルカルバゾールという。近紫外部の光を吸収して電導性を示す光電導性高分子photoconductive polymerであるが、適当な増感剤を加えることによって感光域を可視部にまで広げ、またその光電導性を向上させることができる。増感剤としてカルバゾール基との間に電荷移動錯体をつくるような電子受容体(たとえば2・4・7‐トリニトロフルオレノン)などがある。最近は電子写真として利用される。

[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android