増感剤(読み)ゾウカンザイ

大辞林 第三版の解説

ぞうかんざい【増感剤】

光化学反応で、光エネルギーを吸収し、反応物質に伝達することによって、光化学反応を促進する物質。光合成におけるクロロフィルなど。
フィルムの感度を高めたり、色調をよくするために用いる薬品。また、現像の際に、増感のために加える薬品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android