増感剤(読み)ゾウカンザイ

大辞林 第三版の解説

ぞうかんざい【増感剤】

光化学反応で、光エネルギーを吸収し、反応物質に伝達することによって、光化学反応を促進する物質。光合成におけるクロロフィルなど。
フィルムの感度を高めたり、色調をよくするために用いる薬品。また、現像の際に、増感のために加える薬品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞうかん‐ざい【増感剤】

〘名〙
① フィルムなどの分光感度を広げるために添加する色素。
② 現像などの露光後の処理において感光材の感光度を高くするための薬品

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android