コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増感剤 ゾウカンザイ

デジタル大辞泉の解説

ぞうかん‐ざい【増感剤】

増感のために介在する物質。写真感光では、感光波長域を広めるための増感色素などをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうかんざい【増感剤】

光化学反応で、光エネルギーを吸収し、反応物質に伝達することによって、光化学反応を促進する物質。光合成におけるクロロフィルなど。
フィルムの感度を高めたり、色調をよくするために用いる薬品。また、現像の際に、増感のために加える薬品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

増感剤の関連キーワードポリビニルカルバゾールレーザー治療装置ベンゾフェノン速乾性インキ感光性ガラスクロロフィルスチルベン光増感色素光化学反応写真用色素光CVD法感光性樹脂光化学増感エオシン制癌剤光分解光重合セレン光合成薬品

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android