コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子受容体 デンシジュヨウタイ

デジタル大辞泉の解説

でんし‐じゅようたい【電子受容体】

化合物の形成など、原子や分子やイオンの間で電子移動を伴う際に、ほかから電子を受け取るもの。→電子供与体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子受容体
でんしじゅようたい

電子供与体」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の電子受容体の言及

【電荷移動】より

… これらの特性は,電荷移動理論によって説明される。電荷移動において,電子を供与する分子を電子供与体(ドナー分子D),電子を受容する分子を電子受容体(アクセプター分子A)と呼ぶ。すなわち,D―→D+eとなり,A+e―→Aとなる。…

※「電子受容体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

電子受容体の関連キーワードポリビニルカルバゾール電導性プラスチックシトクロム還元酵素ドーピング(元素)オキシゲナーゼエネルギー代謝有機伝導物質酸化還元酵素電荷移動錯体ビタミンB3オキシダーゼ付加化合物メタン発酵電子伝達体硫酸還元菌分子化合物イオン注入元素循環窒素代謝水素細菌

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android