ポリポーシス(英語表記)polyposis

デジタル大辞泉の解説

ポリポーシス(polyposis)

一定部位の粘膜面に無数のポリープが一面に広がって発生する疾患。消化管、特に大腸粘膜に発生することが多く、血便や腹痛をきたし、癌(がん)化することも少なくない。家族性大腸ポリポーシスは、思春期前後に発病し、結腸粘膜に沿って生じる、悪性化傾向の高い多発性腺腫(せんしゅ)性ポリープ。ポリープ症。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のポリポーシスの言及

【クロンクハイト=カナダ症候群】より

…1955年にアメリカのクロンクハイトL.W.CronkhiteとカナダW.J.Canadaが珍しいポリポーシス(無数のポリープがある状態)として報告した,胃腸のポリポーシスと脱毛,つめの変形や脱落,皮膚の褐色変化を伴う疾患。ポリープは胃,小腸,大腸に無数に発生するが,他のポリポーシスとは明らかに異なって腫瘍でも炎症でもない。…

【腸管ポリープ】より

…単一のこともあり,多発のこともある。100個以上多発する場合,ポリポーシスという名称が用いられる。腫瘤を構成している組織により,腫瘍性と非腫瘍性とに分ける。…

※「ポリポーシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリポーシスの関連情報