コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一面 イチメン

デジタル大辞泉の解説

いち‐めん【一面】

物体の一つの面。
物事のある一つの側面。ある観点。副詞的にも用いる。「一面の真理」「勤勉である一面、多趣味の持ち主」「こわそうにみえて、一面とてもやさしい」
辺り一帯。ある場所全体。「一面の花畑」「火花があたり一面に飛び散る」
初めて会うこと。一度の面会。
「我に対して―の識なく一語の交りなき」〈一葉・別れ霜〉
新聞の第1ページ。フロント。「夕刊の一面を飾る記事」
鏡・硯(すずり)・碁盤・太鼓・琴など、面をもつものの一つ。→面(めん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちめん【一面】

物体の一つの面。
物事のある側面。事態の一方の面。 「物事の-だけを見る」 「 -の真理」
ある場所全体。そのあたりいったい。 「 -に霧が立ちこめる」 「 -の銀世界」
新聞の第一ページ。 「 -のトップを飾る」
鏡・硯すずり・碁盤・将棋盤など平たいものひとつ。 「琵琶-」 →
[0] (副詞的に用いる)一方では。他方からみると。半面。 「ふだんはやさしいが、-厳格なところもある」
初めて会うこと。一度だけの面会。 「 -金蘭の席むしろ、三秋風月の時/懐風藻」
そこにいる全員。 「太刀を抜いて-に打てかかる/平家 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一面の関連キーワードオーバーキャストフロントページウインドパーク煙焔天に漲る父ちゃん坊や棚曇り・棚曇十一面観世音ファセット十一面観音野崎観音水玉模様鳴り満つ盾の半面焼け野原べたべたべた塗り滋目結いベルグラ紋散らし青海原

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一面の関連情報