コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マアン家 マアンけMa`n

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マアン家
マアンけ
Ma`n

16~17世紀のレバノンの有力家系。イスラム教シーア派のドゥルーズ派に属する。 1516年のオスマン帝国のシリア征服に協力して,レバノン北部で自治を認められた。 1634年にオスマン帝国の軍と戦って大敗し,以後マアン家の力は弱まり,ドゥルーズ派の人々はカイス系とヤマン系の2派に分れて争った。やがてマアン家に代ってシハーブ家がドゥルーズ派の最有力者となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マアン家の関連キーワードファフル・ウッディーン2世シハーブ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android