コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイエンヌ県 マイエンヌMayenne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイエンヌ〔県〕
マイエンヌ
Mayenne

フランス北西部,ペイドラロアール地域 (レジオン) の県。旧メーヌ州西部と旧アンジュー州北西端の一部とから成る。県都ラバル。県域は北東端のアバロアール山地 (417m) から南西部 (約 100m) にかけてゆるやかな傾斜をもつ丘陵地で,19~20世紀に森林地帯の多くが開かれ,放牧とリンゴ栽培に利用されている。シャトーゴンティエの家畜市場はフランス国内でも特に重要なものの一つ。工業としては綿織物,鋳物,印刷,食品加工などがある。観光も重要な産業で,シャトーゴンティエ,サントシュザンヌなど美しさで知られる町も多い。面積 5175km2。人口 27万 8037 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マイエンヌ県の関連キーワードルソー(Henri Rousseau)ジャン・ポール エヴァンラバル(フランス)ルソー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android