傾斜(読み)ケイシャ

デジタル大辞泉の解説

けい‐しゃ【傾斜】

[名](スル)
傾いて斜めになること。また、その度合い。かたむき。「船が右舷に傾斜する」
気持ちや考え方がある方向に偏っていくこと。「自然主義への傾斜を深める」
地層の層理面と水平面とのなす角度。測定にクリノメーターを用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

傾斜

層理面などの平面の,水平面からの最大斜.角度は走向(strike)に対して直角の鉛直断面の傾きの角度で測定する.この角度は真傾斜(true dip)で,走向に直角でない方向で測定した角度である見掛けの傾斜(apparent dip)と区別される[Lyell : 1838].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいしゃ【傾斜】

( 名 ) スル
ななめになること。かたむいていること。また、その度合。 「南に-した土地」 「屋根の-が急だ」
考えや状況が一つの方向に向かってゆくこと。 「軍国主義への-を深める」
緊密度や優先順位などにより、重点を定めて物事を行うこと。 「 -配置」
均等ではなく、順次増加あるいは減少するように設定すること。 「 -家賃制度」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐しゃ【傾斜】

〘名〙
① (━する) ななめに傾くこと。特に水平方向に対して傾くこと。また、その程度。傾いている面や土地をもいう。勾配
※三国伝記(1407‐46頃か)七「此家ゆらゆらとゆるぎて遂に柱根浮流て梁棟傾斜せり」
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉二四「傾斜(ケイシャ)の多い山路の側面が」 〔梁簡文帝‐大法頌〕
② (━する) 人の気持や思考、また時代の思潮などが、ある方向に傾くこと。そちらに強くひかれること。
※日本の思想(1961)〈丸山真男〉二「その国のカルチュアもしくは政治的伝統にしたがって、一つの側面に思惟形式が傾斜することにどうしてもなりがちである」
※忘却の河(1963)〈福永武彦〉七「その人に傾斜しているって、香代ちゃんこの前あたしに言いましたわ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の傾斜の言及

【断層】より

…断層面と地表面の交線を断層線と呼ぶ。断層面と水平面の交線の方向を断層の走向といい,断層面と水平面のなす角度を断層の傾斜という。また断層面に沿って両側が移動した距離を変位量または移動という。…

※「傾斜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傾斜の関連情報