マイクロプログラミング(英語表記)microprogramming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロプログラミング
microprogramming

コンピュータの論理ゲートを直接制御することができるようにつくられた命令をマイクロ命令 microinstructionといい,通常の加減算などのマクロ命令はこの種のマイクロ命令をいくつか組合せて順次実行することにより達成できる。このようないくつかのマイクロ命令を組合せてつくるプログラミングをマイクロプログラミングという。1つのマイクロ命令は原則として同時にいくつかの論理ゲートを制御するため,同時に制御すべきゲートの数だけの並列のビットが必要となり,マイクロ命令のビット数は通常かなり大きい。マイクロ命令を種々工夫して書くことによって種々の新しいマクロ命令をつくることができるので,1つのコンピュータのうえにいくつもの異なったコンピュータの命令セットを実現し,それぞれのコンピュータのプログラムを実行させることができる。これをエミュレーションという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android