マイナーバージョンアップ(読み)マイナー バージョンアップ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マイナーバージョンアップ

ソフトウェアの既存の機能に影響を与えない程度の変更を加えたもの。バグの修正やセキュリティーホールへの対応などがこれに相当する。一般的には販売されず、開発したメーカーからインターネットなどを通じて、差分プログラムが無償で配布されることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる