小幅(読み)こはば

デジタル大辞泉の解説

こ‐はば【小幅】

[名・形動]
普通より幅の狭いこと。また、そのさま。⇔大幅
織物の幅の規格で、鯨尺9寸5分(約36センチ)幅のもの。日本の反物の一般的な幅。並幅。→大幅中幅
数量・価格などの変動の開きが小さいこと。また、そのさま。「相場が小幅な動きを見せる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こはば【小幅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
普通より幅の狭い・こと(さま)。
差や開きが小さい・こと(さま)。 「 -な値動き」
織物の幅で、鯨尺九寸五分(約36センチメートル)のもの。和服用反物の幅。並幅なみはば。 → 大幅中幅

しょうふく【小幅】

〔「幅」は書画の掛け軸〕
小さな掛け軸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐はば【小幅】

〘名〙
① 幅が狭いこと。
※南方録(17C後)滅後「床に外題あるかけ物を、かけずに先かざりをくことあり。外題かざりと云。小幅のものは床の入にかざり」
② 織物の幅の規格を示す語。鯨尺で九寸五分(約三六センチメートル)の幅のもの。大幅の半分。並幅(なみはば)
③ 取引相場で、相場の値動きの差が少ないこと。〔取引所用語字彙(1917)〕

しょう‐ふく セウ‥【小幅】

〘名〙 (「幅」は書画の掛け軸) 小さい掛け軸。また、細い掛け軸。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「善山水蘭竹窠石小幅。間雅清穏。撫法近世

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小幅の関連情報