コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイブーム

デジタル大辞泉の解説

マイ‐ブーム

《〈和〉my+boom》自分の中での流行。自分が現在集めているもの、興味をもっているものごとをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

マイブーム

一九八〇年代以降の「豊かさ」の実現と個人の関心の多様化により、「先端」こそがカッコいいという生活美学に基づく「先端」の追求は次第に失速し、各自の価値観や感性に基づく等身大の「個性」が追求されるようになってきた。それは、ひとりひとりの「こだわり」が確立しつつあることを意味しており、「多様化」=「すみわけ化」を前提とした上での消費こそが、九〇年代消費社会の本質といえるのである。そんな「すみわけ」状況を象徴することばが「マイブーム」である。これは、イラストレーターのみうらじゅんの命名したものであり、多くの人を巻き込む社会的流行=「マスブーム」と違い、ひとりひとりが自分の関心のある趣味やテーマを追い求める状況を指している。いってみれば、それは個人の嗜好そのものなのだが、あえてそれを「ブーム」という言葉に置き換えることで、世間に影響を受けない個人の自発的意志を強調しているのである。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

マイブームの関連キーワード稲葉智美プロフ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイブームの関連情報