コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島唄 シマウタ

デジタル大辞泉の解説

しま‐うた【島唄】

《「シマ唄」とも書く。「シマ」は集落の意という》奄美群島で歌われる民謡。唄の名手唄者(うたしゃ)という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

島唄

沖縄県、まさひろ酒造株式会社が製造する泡盛

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しまうた【島唄】

南西諸島の島々に継承される民謡。三線さんしん・太鼓などの伴奏で歌われる。特に奄美・八重山・宮古などに多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

島唄の関連キーワード蛇皮線(サンシン)THE BOOM太鼓(チヂン)嘉手苅 林昌BEGIN山内 昌永宮沢和史里 国隆元ちとせ南西諸島沖縄県島うた小林薫八重山たつ浪島々宮古長雲伴奏奄美

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島唄の関連情報