マイ・スウィート・ロード

デジタル大辞泉プラスの解説

マイ・スウィート・ロード

イギリスのミュージシャン、元ビートルズのジョージ・ハリスンの曲。ソロ・アルバム「オール・シングス・マスト・パス」(1970年)からのシングル。全米・全英ともに第1位を獲得。ヒンズー教の最高神クリシュナを賛美する内容で、エドウィン・ホーキンス・シンガーズによるゴスペル・ソング、「オー・ハッピー・デイ」をヒントにしたもの。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第460位。原題《My Sweet Load》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android