マカンバ

リフォーム用語集の解説

マカンバ

カバノキ科シラカンバ属の落葉広葉樹散孔材。漢字では真樺・椛。学名Betula maximowicziana。マカバ、ウダイカンバともいう。重硬で均質な材。肌目は緻密で上品な風合がある。加工性は良く、表面の仕上げも良い。接着性が良いため、洋家具材、床材、器具材、造作材などに使用される。ベニヤ材は最高級品。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マカンバの関連情報