マキノ 登六(読み)マキノ トウロク

新撰 芸能人物事典 明治~平成「マキノ 登六」の解説

マキノ 登六
マキノ トウロク


職業
俳優

本名
林 喜一郎

別名
別名=片岡 十六,片岡 市太郎

生年月日
明治33年 4月8日

出生地
京都府 京都市

学歴
東山中

経歴
大正2年マキノに入社。初め片岡十六の芸名で殺陣師として活躍したが、牧野省三に認められてマキノ登六と改名、マキノ久夫らとともにマキノ青年派5人組のひとりとして抜擢された。昭和3年そのマキノ青年派結成第1作「神州天馬峡」に出演、翌4年には「月下の騎士」に主演した。マキノ解散後は東活を経て、6年寛寿郎プロに入り、片岡市太郎を名乗って山中貞雄の監督第1回作品「抱寝の長脇差」(7年)に出演。同年日活太秦に入社、マキノ正博監督作品に出演の予定だったが、急性肺炎で急死した。

没年月日
昭和7年 6月7日 (1932年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android