マクスウェルの式(屈折率)(英語表記)Maxwell's equation(refraction)

法則の辞典の解説

マクスウェルの式【Maxwell's equation(refraction)】

マクスウェルの電磁理論の示すところでは,非磁性体で,かつ光をほとんど吸収しない物体においては,物質の誘電率屈折率の2乗に等しくなる.すなわち屈折率を n,誘電率を εr とすると,次の関係式が成立する.

n2=εr

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android