コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈折率 くっせつりつ index of refraction; refractive index

6件 の用語解説(屈折率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈折率
くっせつりつ
index of refraction; refractive index

光が2つの等方性媒質の一方から他方へ進むとき,屈折の法則によれば,入射角 i と屈折角 r の正弦の比は両側の物質 ab と光の波長が定まれば一定である。そこで sin i/ sin rnab とおいたとき nab を屈折側物質bの入射側物質aに対する相対屈折率という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くっせつ‐りつ【屈折率】

光や音などの波動が二つの媒質の境界面で屈折するときの、入射角の正弦と屈折角の正弦との比。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

屈折率【くっせつりつ】

光に関する屈折の法則において,入射角に無関係に二つの媒質だけで決まる入射角iと屈折角rの正弦の比n=sin i/sin rを,第1の媒質(入射側)に対する第2の媒質(屈折側)の相対屈折率といい,第1の媒質が真空であるときはこれを第2の媒質の絶対屈折率という。
→関連項目カット・グラス屈折計対物レンズ反射率

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

屈折率

 光が二つの媒質の間で屈折するが,その屈折の度合の比率を示す数値.通常真空の状態から媒質に入射した場合の屈折を測定して真空に対する比で表す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くっせつりつ【屈折率】

光が二つの媒質の境界で屈折するとき、入射角の正弦と屈折角の正弦との比。両媒質中の光の速さの比に等しい。 → スネルの法則

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屈折率
くっせつりつ

光が境界面で屈折するときの入射角の正弦と屈折角の正弦の比。光線が空気中から水中へというように異なった媒質の境界面へ入射すると、境界面を通過したあとの透過光の進行方向は、入射光に対し折れ曲がる現象が生ずる。これが光の屈折であって、折れ曲がる割合は入射光の方向によらず物質により定まった値となる。これが屈折率である。
 屈折現象はユークリッド、プトレマイオス(トレミー)らによってすでに観測されていたが、これを正しく記述したのは17世紀のオランダのスネルである。光線が境界面に入射する際、交点における接平面の法線方向に対して入射光のなす角を入射角、屈折光のなす角を屈折角とよぶ。スネルは、この入射角α(アルファ)と屈折角β(ベータ)との間には一定の関係があるという、光の屈折の法則(スネルの法則)を発見した。のちにデカルトはこれをsinα/sinβ=nという形式に変形できることに気づき、入射角αと屈折角βの正弦の比nを屈折率と名づければ、これは入射角によらず一定であるという形にまとめた。
 真空に対するある物質の屈折率を絶対屈折率、または単に屈折率といい、真空以外の物質(水、空気など)に対するある物質(ガラスなど)の屈折率は相対屈折率という。これは、ガラスの絶対屈折率を水(または空気)の絶対屈折率で割ったものに等しい。空気の絶対屈折率は約1.0003である。屈折率を測定するには、プルフリッヒ屈折計やアッベ屈折計を使うのが便利であるが、三角柱プリズムをつくって屈折角を測る方法(最小偏角法)がいちばん精度がよい。[石黒浩三・久我隆弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の屈折率の言及

【液浸法】より

…(1)顕微鏡の分解能,すなわち顕微鏡で分解できる標本の最小距離を小さくするため,対物レンズと観察しようとする標本との間の空間を液体で満たすこと。分解能は対物レンズの開口数に逆比例し,また開口数は上で述べた空間の屈折率nに比例するので,ふつうの使用状態の空気(n=1)の代りに液体(n>1)を満たすと,そのぶんだけ分解能が小さくできる。液体としてはふつうセダー油(n=1.6)が用いられ,とくに液浸法用に設計された対物レンズと組み合わせると,波長0.5μmの可視光を使って0.25μm程度までの分解能が得られる。…

【屈折】より

…境界面の法線に対する入射波の進行方向のなす角を入射角,透過波の進行方向のなす角を屈折角といい,それぞれをθirとしたとき,これらの角の間には,sinθi/sinθrnIIIという関係(スネルの法則)が成り立つ(図2)。ここでnIIIを相対屈折率relative index of refractionと呼ぶ。光の場合は,入射側の媒質Iが真空である場合の相対屈折率をとくに絶対屈折率absolute refractive index,あるいは単に屈折率refractive indexと呼び,通常nで表す。…

【光】より

…入射光線,反射光線,屈折光線が入射点において境界面の法線となす角θIRDをそれぞれ入射角,反射角,屈折角と呼ぶが,θR=θIであり,またsinθI/sinθDn21は入射角によらず一定となる。後者の関係はスネルの法則と呼ばれ,n21を第2媒質の第1媒質に対する相対屈折率と呼ぶ。第1媒質が真空である場合,第2媒質の真空に対する屈折率を絶対屈折率,または単に屈折率という。…

※「屈折率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

屈折率の関連キーワード二元死が二人を光が丘IMA光ガルヴァニ効果福島県福島市光が丘東京都練馬区光が丘石川県金沢市光が丘滋賀県大津市光が丘町兵庫県宝塚市光ガ丘福岡県筑紫野市光が丘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屈折率の関連情報