コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクセンティウス Marcus Aurelius Valerius Maxentius

世界大百科事典 第2版の解説

マクセンティウス【Marcus Aurelius Valerius Maxentius】

?‐312
ローマの簒奪帝。在位306‐312年。マクシミアヌスの実子。父の退位後ローマ市で近衛軍を率いて蜂起して帝位を僭称し,イタリア,アフリカ,ヒスパニア(スペイン)を領有するにいたった。キリスト教徒迫害を停止したが,のちガリアに興ったコンスタンティヌス1世と対立し,彼のローマ進撃を迎え討とうとしてローマ郊外ミルウィウス橋で敗れ,部下2000人とともにティベル(テベレ)川で溺死した。【松本 宣郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマクセンティウスの言及

【コンスタンティヌス[1世]】より

…これに対しガレリウスは彼を副帝としか認めず,西の正帝には輩下のセウェルスを任命した。306年秋ローマ市でマクセンティウスが蜂起してのち帝国は混迷の度を深めてゆく。マクセンティウスの父で引退の身のマクシミアヌスが復位を宣言してコンスタンティヌスに接近し,娘ファウスタを彼の妻とし,マクシミアヌス父子との結びつきは一時強まった。…

※「マクセンティウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マクセンティウスの関連キーワードローマ・オリンピック競技大会コンスタンティヌス(大帝)コンスタンティヌスの凱旋門コンスタンティヌス凱旋門ローマ史(年表)ローマ(市)クリスモンリキニウスセウェルスバシリカ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android