実子(読み)ジッシ

世界大百科事典 第2版の解説

じっし【実子】

親と自然の血縁関係で結ばれた子をいう。これに対し,実子に擬制し,人為的に形成された子が養子である。実子は,その父母が法律上の婚姻関係にあるか否かによって,嫡出子と〈嫡出でない子〉に分けられる。一般に,親子間では実子が基本として構成されたのは,血縁に対する信仰があり,血縁至上主義が貫かれたからである。しかし今日の医学の発達により,血縁そのもののもつ意味が大きく変わり,実子とはなにかが新たに問われようとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じっし【実子】

(養子・義子・継子に対して)自分の本当の子。血縁関係がある子。血を分けた子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じっ‐し【実子】

〘名〙 義子継子、養子に対して、血をわけた本当の子。うみの子。嫡出子のほか、庶子、私生子を含む。実児。直子(じきし)
※古今著聞集(1254)五「実子なりとも、此道にたへざらんものにはつたふべからず」
曾我物語(南北朝頃)一〇「曾我の太郎も幼き時より取り育て、わりなき事なれば、じっしにも劣らず、心様また賢(さか)しかりしかば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実子の関連情報