コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実子 ジッシ

デジタル大辞泉の解説

じっ‐し【実子】

血を分けた自分の子。自然の血縁のある子。産みの子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

実子【じっし】

自然の血縁のある子。養子に対する語。嫡出子と嫡出でない子(私生子)の別がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じっし【実子】

親と自然の血縁関係で結ばれた子をいう。これに対し,実子に擬制し,人為的に形成された子が養子である。実子は,その父母が法律上の婚姻関係にあるか否かによって,嫡出子と〈嫡出でない子〉に分けられる。一般に,親子間では実子が基本として構成されたのは,血縁に対する信仰があり,血縁至上主義が貫かれたからである。しかし今日の医学の発達により,血縁そのもののもつ意味が大きく変わり,実子とはなにかが新たに問われようとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じっし【実子】

(養子・義子・継子に対して)自分の本当の子。血縁関係がある子。血を分けた子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

実子の関連キーワード常磐津文字太夫(8世)常磐津文字太夫(3世)生んだ子より抱いた子杵屋六三郎(12世)御宿かわせみ・第三章御宿かわせみ・第二章岸沢式佐(10世)杵屋勝五郎(6世)一龍斎貞山(8世)都太夫一中(2世)談洲楼燕枝(3世)吉住小三郎(5世)杵屋正次郎(4世)杵屋正次郎(2世)宝山左衛門(3世)生みの子・産みの子岡安喜三郎(6世)推定(法律用語)宇治紫文(2世)黒沢琴古(2世)

実子の関連情報