松本(読み)マツモト

デジタル大辞泉の解説

まつもと【松本】[地名]

長野県中部の市。松本盆地商工業の中心。電機・食品・繊維工業などが行われる。古くは信濃国府の地。近世は石川・戸田氏らの城下町松本城・旧開智学校や浅間(あさま)温泉がある。東部の美ヶ原、西部の上高地(かみこうち)など観光資源が豊富。平成17年(2005)に近隣4村を、平成22年(2010)に波田町を編入。人口24.3万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつもと【松本】

長野県中部の市。松本盆地の商工業の中心地。平安時代、信濃国の国府が置かれた。近世は松平氏・水野氏・戸田氏などの城下町。明治初期、筑摩県の県庁所在地。飛驒山脈・美ヶ原への観光基地。

まつもと【松本】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松本の関連情報