コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクデブルク大司教領 マクデブルクだいしきょうりょうErzbistum Magdeburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクデブルク大司教領
マクデブルクだいしきょうりょう
Erzbistum Magdeburg

神聖ローマ帝国の東北部,エルベ川の中流域に形成されたドイツの教会諸侯領。初代皇帝オットー1世 (大帝) が,スラブ人への宣教の拠点として 962年に設けた大司教座から起った。 12~13世紀にはマクデブルク市が遠隔地商業でめざましく発展し,大司教はドイツ人の東方植民で大きな役割を演じた。 1524年マクデブルク市が宗教改革を行うと,まもなく大司教領もルター派の管長によって統治されるにいたったが,三十年戦争では J.ティリーの皇帝軍によって市が徹底的に破壊された。ウェストファリアの講和に基づき,ブランデンブルク選帝侯が 1680年に旧マクデブルク司教領を合せ,ブランデンブルグ選帝侯領に帰属した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マクデブルク大司教領の関連キーワードウェストファリア条約シュタスフルトルッケンワルデ宗教改革大司教ハレ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android