コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十年戦争 さんじゅうねんせんそう Thirty Years' War

翻訳|Thirty Years' War

7件 の用語解説(三十年戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十年戦争
さんじゅうねんせんそう
Thirty Years' War

1618~48年ドイツ (神聖ローマ帝国) を中心に行われた宗教的・政治的諸戦争の総称。ドイツ内部の新旧両教徒の反目,オーストリアスペインハプスブルク家フランスブルボン家との抗争を背景とし,オーストリア領ボヘミアの新教徒が,神聖ローマ皇帝フェルディナント2世 (当時はボヘミア・ハンガリー王) に対して反乱を起したことに端を発し,たちまち全ドイツに拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんじゅうねん‐せんそう〔サンジフネンセンサウ〕【三十年戦争】

1618年から1648年にかけて、ドイツを中心に行われた宗教戦争。ボヘミア王フェルディナントの新教徒圧迫が原因で、デンマークスウェーデン・フランスも参戦、ウエストファリア条約によって終結した。主な戦場となったドイツは国土が荒廃し、皇帝権の弱化による諸邦の分裂と相まって、著しく近代化が遅れることになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三十年戦争【さんじゅうねんせんそう】

1618年―1648年,ドイツ国内の宗教的対立を契機とする紛争に諸外国が介入した戦争。アウクスブルクの宗教和議以後も新旧両教徒の対立は続き,旧教徒派のボヘミア王フェルディナント2世に対する新教徒住民の反乱が契機となった。
→関連項目ウェストファーレンオーストリアグリンメルスハウゼンコメニウス宗教戦争シュッツスウェーデンデンマークドイツハイデルベルク大学八十年戦争反宗教改革ピレネー条約ファルツフーフフリードリヒ・ウィルヘルムフロンドの乱マクデブルクメクレンブルクリシュリューリュツェンの戦ルイ[13世]ルドルフ[2世]ルパートローワレンシュタイン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

三十年戦争

ドイツを中心に展開した、新教と旧教の対立に起因する、ヨーロッパ最大規模の宗教戦争(一六一八~四八)。デンマーク、スウェーデン、フランスが新教側で参戦したため、一躍、国際戦争の様相を呈した。以後、数カ国が同盟する国際戦争が一般化。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんじゅうねんせんそう【三十年戦争】

ドイツを舞台として1618‐48年の30年間,ヨーロッパ諸国を巻きこんだ戦争で,いわゆる宗教戦争の最後にして最大のもの。ドイツ国内の戦争であった最初の局面ではまだ宗教的対立による戦争という傾向が強かったが,外国勢力が介入してからは,政治的利害のほうが優越し,最終的にはオーストリア,スペインの両ハプスブルク家とフランスのブルボン家の対抗関係を主軸として戦われた。
[発端]
 ドイツでは1555年のアウクスブルクの宗教和議後まもなく新教派(プロテスタント)と旧教派(カトリック)の対立が再燃し,1608年新教派諸侯が新教連合(ウニオン)を,翌年には旧教派諸侯が旧教連盟(リガ)を結成して対抗していたが,戦争の直接の発火点となったのはボヘミアであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんじゅうねんせんそう【三十年戦争】

1618年から48年の30年間に、ドイツを中心に欧州各国が参戦した宗教戦争。ドイツ新旧両教徒諸侯の内戦としてボヘミアで勃発ぼつぱつ。旧教側にスペイン、新教側にデンマーク・スウェーデン・フランスが加担し国際戦争に発展。ドイツは荒廃し、ウェストファリア条約で終結。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三十年戦争
さんじゅうねんせんそう
Dreiigjhriger Kriegドイツ語
Thirty Years' War英語
Guerre de trente ansフランス語

1618~48年の間、ドイツを舞台として戦われた戦争。最後で最大の宗教戦争といわれる。[中村賢二郎]

発端

ドイツでは、アウクスブルクの和議後まもなく新旧両派の対立が再燃し、17世紀に入ってからは一触即発の状況になっていたが、戦乱はまずボヘミア(ベーメン)で勃発(ぼっぱつ)した。ボヘミアでは、1609年、貴族たちが神聖ローマ皇帝ルードルフ2世から信仰の自由の承認を獲得していたが、17年フェルディナント(後の皇帝フェルディナント2世)がボヘミア王位につくと、新教派を圧迫して、貴族たちの反乱を引き起こした。[中村賢二郎]

経過

戦争の経過は、皇帝派の対戦国に応じて次の4段階に分けられる。
(1)ボヘミア・プファルツ戦争(1618~23) 内乱の渦中の19年に、フェルディナントが皇帝に即位すると、ボヘミア議会はフェルディナントの王位を取り消し、新教派のプファルツ選帝侯フリードリヒ5世を国王に選んだ。そのため、戦争のドイツ全体への波及は不可避の形勢となったが、フリードリヒがカルバン派であったために、わずかの新教派諸侯の協力しか得られず、他方皇帝は、旧教派諸侯の指導者バイエルン公マクシミリアンの協力とスペインの援助を得て反攻に出、20年フリードリヒの軍をプラハ西方のワイサーベルクに破った。続いて皇帝は、反乱に加担した新教派諸侯軍を各地に破り、スペイン軍もプファルツ領に侵入した。
(2)デンマーク戦争(1625~29) デンマーク王クリスティアン4世は、この機会に乗じ、イギリス、オランダの援助を取り付けて、25年北ドイツに侵入した。苦境に陥った皇帝は、ワレンシュタインを皇帝軍総司令官に任命し、ワレンシュタインはバイエルンの司令官ティリと協力してクリスティアンを破り、29年リューベックの和約を結ばせた。同年皇帝は、回復勅令を発布して新教派に圧迫を加えたが、この法令は、それまで中立を維持していた新教派諸侯を反皇帝派の側にたたせることになり、また皇帝勢力の強大化を恐れた旧教派諸侯も、皇帝に迫って、30年ワレンシュタインを罷免させた。
(3)スウェーデン戦争(1630~35) バルト海域での勢力の拡張を図っていたスウェーデン王グスタフ・アドルフは、皇帝勢力の北進に脅威を感じ、フランスの援助を得たうえで30年ポンメルンに上陸し、31年ティリの軍をブライテンフェルトに大敗させ、ボヘミアにまで進出した。皇帝はワレンシュタインを再度、皇帝軍総司令官に起用した。ワレンシュタインは32年リュッツェンLtzenの戦いでグスタフを戦死させたが、戦いには敗れた。皇帝は和平策謀を理由に34年ワレンシュタインを暗殺し、スペインの援助を受けて新教派軍を破り、35年新教派諸侯の多くにプラハの和約を結ばせた。
(4)フランス・スウェーデン戦争(1635~48) フランスは、三十年戦争の開始以来、つねに反ハプスブルクの黒幕的存在として新教派に援助を与えていたが、新教派が劣勢となると、いまや公然と戦争の表舞台に登場し、軍をドイツに入れた。その後、戦況は一進一退を続けたが、長年の戦争に倦(う)み疲れた皇帝、ドイツ諸侯、スウェーデンの間に和平の気運がみえ、45年以後和平交渉が行われて、48年ウェストファリア条約が成立した。[中村賢二郎]

結果

三十年戦争が国際的戦争となってから対抗関係の主軸をなしていたのは、オーストリア、スペインの両ハプスブルク家とフランスのブルボン家であったが、この戦争によって最大の打撃を被ったのは東西のハプスブルク家であった。ウェストファリア条約によってオランダとスイスの独立が正式に承認され、ドイツ国内では諸侯の独立性が強化されて、神聖ローマ皇帝の地位はいよいよ名目的存在となった。この両ハプスブルク家の衰運にひきかえ、ライン川左岸に領土を得たフランスは大陸での最強国となり、ドイツのバルト海沿岸に領土を獲得したスウェーデンも、北ヨーロッパの強国となることができた。[中村賢二郎]
『中村賢二郎著「三十年戦争」(『世界の戦史5』所収・1966・人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三十年戦争の言及

【ウルバヌス[8世]】より

…ガリレイに対しては好意を持っていたが,33年の第2回目の裁判で彼の地動説を撤回させた。三十年戦争時代の複雑な政局のなかで中立政策をとろうとして,かえってフランスの枢機卿宰相リシュリューの反ハプスブルク政策を後援する結果となった。36年ケルンに平和会議を招集しフランスとドイツとの和解を図って失敗し,またその門閥主義のためにローマ人の共感を失いパルマとの不幸な戦いを惹起した。…

【反宗教改革】より

… このような反宗教改革の時代はルター派,カルバン派,ローマ・カトリックの三者が教派国家作りに競合しあう〈教派政治体制〉の時代でもあった。カトリック諸君主がルター派,カルバン派の諸君主と同様に各地で同盟を作って政治的軍事的結束をはかり,やがてそれが三十年戦争をひき起こした。この戦争の直接のきっかけはボヘミアの貴族に対する皇帝フェルディナント2世の反宗教改革政策であった。…

※「三十年戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三十年戦争の関連キーワード西ドイツ東ドイツドイツ文字統一ドイツドイツ放送連盟元首の謀叛アラベラ天使のセレナーデ訪問者La Esperanza いつか叶う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三十年戦争の関連情報