コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスカティーン Muscatine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスカティーン
Muscatine

アメリカ合衆国,アイオワ州南東部の都市。 1833年交易所として建設され,当初ブルーミントンと呼ばれた。 50年インディアンの言葉で「燃える島」を意味する現在名に改称。ミシシッピ川に面し,プラスチック,金属製品,食品加工などの工業が発達。かつてはミシシッピ川で採取されるムーセル貝 (イシガイ) からつくるボタン工業で有名であった。人口2万 2881 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マスカティーンの関連キーワードマックス・アラン コリンズ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android