コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マズダキズム Mazdakism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マズダキズム
Mazdakism

マズダ派ともいう。マニ教の一分派として古代ペルシアに発達した二元的宗教。マニ教分派としての活動はすでにディオクレチアヌス帝治下 (284~305) のローマで行われていたらしいが,それが顕著となったのは5世紀後半であり,マズダク・イ・バンダド Mazdak i Bamdadの布教活動により,この新宗教の名称も彼の名に従った。世界の根本原理は善と悪あるいは光と闇の対立によるものと考え,光の世界に到達するための厳格な禁欲生活を課した。ササン朝のカワード1世治下 (488~531) では保護されたが,のち禁止されイスラム教化以後は弾圧された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マズダキズムの関連キーワードバーバク

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android