コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッピングモード

1件 の用語解説(マッピングモードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マッピングモード

プログラムで使用する論理座標系から、最終的なディスプレイ表示などのための物理座標系に変換する際に、どのような単位や軸の向きで変換するかを決定するモード。たとえばWindowsでは、MM_TEXT(デバイス(ピクセル)単位)、MM_LOMETORIC(0.1mm)、MM_LOENGLISH(0.01インチ)などのマッピングモードがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッピングモードの関連キーワードサービスプログラムスパゲッティプログラムセットアッププログラムソースプログラム座標系プログラム売買コントロールプログラム再帰プログラムプログラムディレクタープログラムライブラリー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マッピングモードの関連情報