コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッピングモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マッピングモード

プログラムで使用する論理座標系から、最終的なディスプレイ表示などのための物理座標系に変換する際に、どのような単位や軸の向きで変換するかを決定するモード。たとえばWindowsでは、MM_TEXT(デバイス(ピクセル)単位)、MM_LOMETORIC(0.1mm)、MM_LOENGLISH(0.01インチ)などのマッピングモードがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

マッピングモードの関連キーワードプログラム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android