コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッフル炉 マッフルろmuffle kiln(furnace)

世界大百科事典 第2版の解説

マッフルろ【マッフル炉 muffle kiln(furnace)】

間接炎式炉ともいう。熱源あるいは発熱体と焼成室との間に,熱伝導性のよい耐火物による隔壁(マッフル)をつけた炉。マッフルがないほうが熱効率はよく,使用温度も高くとることができるが,被焼成物が汚れる,炉内の雰囲気が変化する,発熱体が侵されるなどの問題が生ずる場合がある。その対策として被焼成物を匣鉢(さや)に入れて焼成することが一般に行われるが,それでも不十分な場合にはマッフル炉を使用する。エレクトロニクスセラミックスとかニューセラミックスとか呼ばれる,精密に機能を制御しなければならないセラミックスの焼成には不可欠な炉である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マッフル炉の関連キーワード鉛丹

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android