コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッフル炉 マッフルろ muffle kiln(furnace)

1件 の用語解説(マッフル炉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マッフルろ【マッフル炉 muffle kiln(furnace)】

間接炎式炉ともいう。熱源あるいは発熱体と焼成室との間に,熱伝導性のよい耐火物による隔壁(マッフル)をつけた炉。マッフルがないほうが熱効率はよく,使用温度も高くとることができるが,被焼成物が汚れる,炉内の雰囲気が変化する,発熱体が侵されるなどの問題が生ずる場合がある。その対策として被焼成物を匣鉢(さや)に入れて焼成することが一般に行われるが,それでも不十分な場合にはマッフル炉を使用する。エレクトロニクスセラミックスとかニューセラミックスとか呼ばれる,精密に機能を制御しなければならないセラミックスの焼成には不可欠な炉である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マッフル炉の関連キーワード篠笛石質凝灰岩抵抗炉熱源発熱反応間接撮影法好気発酵全変晶系列ソフト・セル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone