清水

デジタル大辞泉の解説

きよ‐みず〔‐みづ〕【清水】

澄んだきれいな水。しみず

きよみず【清水】[地名]

京都市東山区の地名五条坂清水寺がある。清水焼産地

し‐みず〔‐みづ〕【清水】

地面や岩の間などからわき出るきれいに澄んだ水。 夏》「二人してむすべば濁る―哉/蕪村

しみず【清水】[静岡市の区]

静岡市の区名。旧清水市・旧蒲原町・旧由比町域を占める。茶の輸出港として発展。三保の松原日本平などの景勝地がある。

しみず【清水】[姓氏]

姓氏の一。
徳川御三卿の一。9代将軍徳川家重の子重好が、江戸城清水門内に屋敷を与えられたのに始まる。
[補説]「清水」姓の人物
清水邦夫(しみずくにお)
清水崑(しみずこん)
清水多嘉示(しみずたかし)
清水浜臣(しみずはまおみ)
清水宏(しみずひろし)
清水宗治(しみずむねはる)
清水基吉(しみずもとよし)

しみず【清水】[狂言]

狂言。茶の水をくみに行かされた太郎冠者が、鬼に手桶を取られたと偽って帰り、手桶をさがしにいった主人を鬼に化けて脅すが、声で見破られる。

せい‐すい【清水】

澄んできれいな水。しみず。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しみず【清水】

狂言の曲名。太郎冠者狂言。大蔵・和泉両流にある。茶の湯の会の準備のため,主人は太郎冠者を野中の清水へ水汲みにやる。太郎冠者は,来客のたびに水汲みをさせられるのはかなわないと思い,清水に鬼が出たとうそをついて水も汲まずに戻ってくる。不審に思った主人が清水まで見に行くので,太郎冠者は先回りして鬼の面をつけて待ち伏せる。一度は主人も恐れおののくが,鬼がなにかと太郎冠者をひいきにするのと,その声が太郎冠者に似ていたのに気づき,再度清水へ出かけ,またも鬼に扮して現れた太郎冠者の面をはがして追いこむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きよみず【清水】

京都市東山区清水寺を中心とする地区。

しみず【清水】

地面や岩の間などからわき出る、澄んだ冷たい水。小さな流れになっているものもいう。 [季] 夏。 《 二人してむすべば濁る-かな /蕪村 》

しみず【清水】

静岡市の区名。もと東海道の二宿、江尻・興津を含む。水産業や石油・金属・製紙などの工業が立地。三保松原・日本平がある。

しみず【清水】

姓氏の一。
江戸時代の御三卿の一。九代将軍家重の第二子重好が江戸城清水門内に邸を与えられ一家を創立。所領一〇万石で、御三家に次ぐ家格。

しみず【清水】

狂言の一。茶の湯の水を汲みにやらされた太郎冠者は、鬼が出たと偽って逃げ帰る。手桶を取りに行く主人を鬼の面をかぶって脅すが、声で正体を見破られる。鬼清水。

せいすい【清水】

澄んで、きれいな水。しみず。
[句項目] 清水に魚棲まず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水
しみず

静岡県中部,静岡市南東部の旧市域。駿河湾に面する。1924年市制。1954年飯田村と高部村,1955年有度村,1961年袖師町,興津町,庵原村,両河内村,小島村の 5町村を編入。2003年静岡市と合体して静岡市となり,2005年政令指定都市化に伴い全域が清水区となった。南東部に三保半島が北東に突出し,自然の防波堤をつくる。西部は静岡平野につながり,北部は庵原山地。中心市街地は江戸時代東海道の宿場町だった江尻と,駿府の外港の清水からなる。清水港は遠洋漁業の基地であるとともに国際貿易港。1899年開港場となり,1952年には特定重要港湾に指定され,2011年国際拠点港湾となった。港を囲んで缶詰などの食品加工,造船,機械,化学,製油,製材,合板などの工業地区が成立している。周辺の農村部ではチャ(茶),ミカンの栽培,野菜の促成栽培,久能山の石垣いちご栽培などが行なわれる。袖師は江尻と興津間の東海道沿いに位置し,かつては半農半漁村であり,また海水浴場でもあった。1939年埋立地石油精製所ができ,石油コンビナートの基地となっている。興津は東海道の宿場町であり,清見寺(庭園は国指定名勝)がある。海岸は清見潟と呼ばれる景勝地であったが,清水港の外延として興津埠頭があり,輸出用自動車,コンテナなどが並ぶ。日本平・三保の松原県立自然公園に属し,日本平三保の松原(いずれも国指定名勝),梅蔭寺(清水次郎長の墓),龍華寺のソテツ(国指定天然記念物),国宝の法華経を蔵する鉄舟寺がある。

清水
しみず

福井県北部,福井市南部の旧町域。福井平野西部にある。1955年志津村,三方村,天津村の 3村が合体,町制施行。2006年福井市に編入。地名は 3村から各 1音をとり,地域内にある清水という地名の字にあてた。米作が中心であったが減反政策のため農業の多角化が進む。菅笠を産する。福井市中心部への通勤者が多く,ベッドタウン化が著しい。中部の大森にある賀茂神社で 4年ごとに行なわれる睦月神事は国指定重要無形民俗文化財

清水
しみず

和歌山県のほぼ中央,有田川町東部の旧町域。有田川上流域にある。 1955年城山村,八幡村,安諦村の3村が合体して町制。 1959年五村と岩倉村の一部を編入。 2006年吉備町,金屋町と合体して有田川町となる。大部分が山地で林業が主。山椒の生産高は国内有数。和紙も産する。中心集落の八幡は旧宿場町として栄え,周辺には多くの重要文化財を有する吉祥寺,安楽寺などがある。また杉野原の御田舞は国の重要無形民俗文化財。東部の護摩壇山山麓は高野龍神国定公園に属する。西部に 1967年完成の二川ダムがあり,生石ヶ峰にかけての一帯は生石高原県立自然公園に属する。

清水
しみず

高知県南西部,太平洋にのぞむ土佐清水市の中心市街地。旧町名。 1954年近隣3町と合体して土佐清水市となる。足摺半島西岸の溺れ谷にある良港で,大正期からカツオ,マグロ漁業の基地として栄えたが,現在は土佐沖,足摺近海の釣漁業を中心にかつお節,めじか節などの加工を行う。足摺宇和海国立公園の観光基地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の清水の言及

【大野[市]】より

…街路中央に水路を通じて火災・積雪に備えた。清滝川旧扇状地の末端を占め,地下水が豊富で今もいたるところに清水(しようず)がみられ,炊事,洗濯などの生活用水となるが,近年は工場のくみ上げ過剰で井戸がれが起きている。近世からの絹織をつぐ機業が盛んで,昭和初めに人絹から化合繊にかわったが,近年は電気機器工業が発展している。…

※「清水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清水の関連情報