コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱源 ねつげんheat source; heat reservoir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱源
ねつげん
heat source; heat reservoir

一般には他の物体に熱を供給,または他の物体から熱を吸収する物体。熱力学において,着目している系の熱の出入りを議論するのに,この熱を吸収または供給するにもかかわらず自分自身はまったく不変であるような非常に大きい熱容量をもつ体系を仮定することがあり,これを熱源という。火力発電所熱機関に用いられる大量の冷却水は熱を吸収する低温熱源の一例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐げん【熱源】

熱を供給するみなもと。「熱源を電力に求める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねつげん【熱源】

熱を供給するみなもと。 「電気を-とする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

熱源の関連キーワードヘルムホルツの自由エネルギーセントラルヒーティング焼き入れ炉・焼入れ炉クラウジウスの原理アルコールランプ酸化プルトニウムホットカーペットカルノーサイクルカルノーの原理エネルギー生産ファンヒーターアロマランプピザオーブンガスバーナー電気ストーブガスオーブンヒートポンプ電気アイロン給湯暖房機イメージ炉

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱源の関連情報