熱源(読み)ねつげん(英語表記)heat source; heat reservoir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「熱源」の解説

熱源
ねつげん
heat source; heat reservoir

一般には他の物体供給,または他の物体から熱を吸収する物体。熱力学において,着目している系の熱の出入りを議論するのに,この熱を吸収または供給するにもかかわらず自分自身はまったく不変であるような非常に大きい熱容量をもつ体系を仮定することがあり,これを熱源という。火力発電所熱機関に用いられる大量の冷却水は熱を吸収する低温熱源の一例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「熱源」の解説

熱源
ネツゲン
heat source, heat reservoir

熱力学的な二つの系の間で,熱伝導熱放射などによる熱の移動という形でエネルギー交換を行うとき,考えている系に対して他方外界とみなし,これを熱源または熱浴という.熱源は考えている系に比べて熱容量が十分大きく,それ自身としてつねに熱平衡にあって,一定の環境として作用するものとみなされる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「熱源」の解説

ねつ‐げん【熱源】

〘名〙 熱を供給するもと。
※日本料理通(1930)〈楽満斎太郎〉料理法の巻「近頃電熱や瓦斯が料理をする熱源として相当に経済化して来たためか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「熱源」の解説

熱源

川越宗一長編小説。「あいぬ物語」でも描かれた山辺安之助を主人公にした歴史小説。2019年刊行。2020年、第162回直木賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「熱源」の解説

ねつげん【熱源】[書名]

川越宗一の小説。令和元年(2019)刊。明治維新直後から第二次大戦後までの樺太舞台にした歴史小説。第162回直木賞受賞。

ねつ‐げん【熱源】

熱を供給するみなもと。「熱源を電力に求める」
[補説]書名別項。→熱源

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android