コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツダDA型三輪トラック

日本の自動車技術240選の解説

マツダDA型三輪トラック

三輪車において、後軸軸差動装置や直線操作式後退付変速機の採用は国内初である。・ マツダ自動車生産に乗り出した第1号の記念車種保管場所マツダ株式会社 (〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3ー1)
製作(製造)年1931
製作者(社)東洋工業株式会社
資料の種類設計図・文献
現状公開
車名マツダDA型三輪トラック
モデル名DA
会社名マツダ(株)
製作開始年1931
車種・用途三輪トラック
実車所在/模型なし
ドア数2
乗員1
車両総重量705kg
全長2770mm
全幅1170mm
全高1100mm
タイヤサイズ゙3.85-18
フレーム単一フレーム
軸距1850mm
冷却/気筒配列空冷/
内径x行程85.5×84mm
排気量482cc
最高出力/回転数9.4ps/3300rpm
ハイブリッドシステム形式なし
変速機3MT
モード燃費-
参考文献1)東洋工業五十年史
その他事項積載重量:200kg;

出典|社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について | 情報