採用(読み)さいよう

精選版 日本国語大辞典「採用」の解説

さい‐よう【採用】

〘名〙
① とりもちいること。必要なものを採取して利用すること。また、意見・方法などをとりあげて用いること。
※延喜式(927)三「凡年中御卜料兆竹者、植於宮中閑地事採用」
※新聞雑誌‐九号・明治四年(1871)八月「英明宜しく微衷を憐察して之を採用(サイヨウ)せんことを期す」 〔史記‐封禅書〕
② 人を雇い入れること。雇い入れて職務につかせること。
※醍醐寺新要録(1620)「然明海顕密兼学、繁行年尚。為其職、足採用
星座(1922)〈有島武郎〉「卒業の上採用されるという条件で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android