採用(読み)さいよう

精選版 日本国語大辞典「採用」の解説

さい‐よう【採用】

〘名〙
① とりもちいること。必要なものを採取して利用すること。また、意見・方法などをとりあげて用いること。
※延喜式(927)三「凡年中御卜料兆竹者、植於宮中閑地事採用」
※新聞雑誌‐九号・明治四年(1871)八月「英明宜しく臣が微衷を憐察して之を採用(サイヨウ)せんことを期す」 〔史記‐封禅書〕
② 人を雇い入れること。雇い入れて職務につかせること。
※醍醐寺新要録(1620)「然明海顕密兼学、繁行年尚。為其職、足採用
※星座(1922)〈有島武郎〉「卒業の上採用されるという条件で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「採用」の解説

さい‐よう【採用】

[名](スル)適当であると思われる人物・意見・方法などを、とり上げて用いること。「店員を三人採用する」「企画案を採用する」「採用試験」
[類語]雇用雇う採択雇い入れる抱える召し抱える召し使う取る取り上げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「採用」の解説

【採用】さいよう

使う。

字通「採」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android