コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツダR360クーペ

1件 の用語解説(マツダR360クーペの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

マツダR360クーペ

60年代初めのミニカーブームの先導車。国産軽乗用車として初めての4サイクルエンジントルクコンバータ、車高の低いスマートボデー、更にエンジンとサスペンションユニークな技術を採用。エンジンはオイルパン、クラッチハウジングにマグネ合金、またクランクケース、タイミングカバーにアルミ合金採用の軽量タイプ。サスペンションは前後輪とも独立懸架でトレーリングアーム式。保管場所マツダ株式会社 (〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3ー1)
製作(製造)年1960
製作者(社)東洋工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(静態)・公開
車名R360クーペ
モデル名(型式 KRBB,KRBC)
会社名マツダ(株)
製作開始年1960
車種・用途軽乗用
実車所在/模型マツダ(株)
スタイルクーペ
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量380kg
エピソード・話題性当時の四輪乗用で最も安い車。法規上で定員4人
構造ユニットボデー
全長2980mm
全幅1290mm
全高1290mm
タイヤサイズ゙4.80-10-2P
特徴軽四輪の枠内で最もコンパクトで軽量。
前軸トレーリング・アーム、トーションラバー
後軸トレーリング・アーム、トーションラバー
軸距1760mm
前トレッドx後トレッド1040×1100mm
ステアリングラック&ピニオン
ダンパー複動式ダンパー
スタビライザートーションラバー
特徴全輪独立懸架式で、そのスプリングはトーションラバーとユニークなもの
冷却/気筒配列空冷/90度V2
弁機構OHV
内径x行程60×63
排気量356cc
最高出力/回転数16ps/5300rpm
特徴シリンダヘッドとクランクケースにアルミ合金、ロッカーカバーとオイルパンにマグネ合金を採用した軽量な4ストロークエンジン。ドライサンプ式
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4MT及び2AT
駆動方式RR
モード燃費-
参考文献1)東洋工業五十年史
その他事項足ブレーキ:内部拡張式油圧ブレーキ;軽初のトルコン装着;最高速度;90Km/h(MT車);燃費率:32Km/L;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マツダR360クーペの関連キーワードクワントコンガブーティー導車ベビーブームミニカーカーブルミニサッカーラバーブーツテクニカ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone