軽量(読み)けいりょう

精選版 日本国語大辞典「軽量」の解説

けい‐りょう ‥リャウ【軽量】

〘名〙 (形動)
目方の軽いこと。また、そのさま。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「然りと雖ども此分銅なるもの極て軽量にして固より平均を為すに足らず」
程度の軽いこと。
※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉一「其結果は唯対手をして一種滑稽と軽量な憐愍(れんびん)の情とを起させる丈だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軽量」の解説

けい‐りょう〔‐リヤウ〕【軽量】

[名・形動]重量や程度の軽いこと。また、そのさま。「軽量な(の)力士
「一種の滑稽と―な憐愍れんびんの情」〈啄木・雲は天才である〉
[類語]軽い軽軽身軽軽快かろやかひらりライトひょいひらりひょいひょいぴょんぴょんぴょんさっとさっさ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android