コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトゥリン マトゥリン Maturín

1件 の用語解説(マトゥリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトゥリン
マトゥリン
Maturín

ベネズエラ北東部,モナガス州の州都。首都カラカス東南東約 400km,アンデス山脈の北東の延長にあたる山地の東端部とオリノコ川河口の三角州のほぼ中間に位置し,グアラピチェ川にのぞむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマトゥリンの言及

【リャノ】より

…そこでは近代的な大農法が行われているが,農耕地化されたのはまだわずかな部分で,農耕可能地が広く残されている。オリノコ川北部地域,ベネズエラのアンソアテギ州,モナガス州,グアリコ州を中心にマトゥリン産油地帯があり,ベネズエラの石油生産高の約20%を産出している。リャノは本来〈平野〉という意味のスペイン語であったが,現在はブラジルのセルバ,カンポなどと同様に植生景観を示す地理学用語として使われる。…

※「マトゥリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マトゥリンの関連キーワードベネズエラベネズエラ湾シウダーボリーバル委内瑞拉シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラベネズエラ・シモン・ボリバル・ユース管弦楽団ベネズエラ革命党ベネズエラ共産党ベネズエラ高地ベネズエラ農民同盟

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マトゥリンの関連情報