コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニニホロ洞窟 マニニホロどうくつ

1件 の用語解説(マニニホロ洞窟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マニニホロどうくつ【マニニホロ洞窟】

アメリカのハワイ州カウアイ島、島の北海岸ケエビーチの手前、ハエナ州立公園のビーチの背後にある洞窟。水を湛えた洞窟と区別するため、「ドライケーブ」とも呼ばれている。盗みを働く邪悪な魂を閉じこめるために先住民が掘ったといわれ、何千年もの波の浸食で今の姿になった。開口部と奥行きは数十メートルあり、光の入り込まない奥は真っ暗で、天井は奥に行くほど低くなり、よどんだ空気が不気味さを漂わせている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニニホロ洞窟の関連キーワードハワイアン音楽ハワイ諸島アメリカ杉カウアイマラソンコナマラソンビッグアイランド国際マラソンメリーモナークフェスティバルカウアイ[島]ハワイ[諸島]ハワイ火山国立公園

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone