コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニニホロ洞窟 マニニホロどうくつ

世界の観光地名がわかる事典の解説

マニニホロどうくつ【マニニホロ洞窟】

アメリカのハワイ州カウアイ島、島の北海岸ケエビーチの手前、ハエナ州立公園のビーチの背後にある洞窟。水を湛えた洞窟と区別するため、「ドライケーブ」とも呼ばれている。盗みを働く邪悪な魂を閉じこめるために先住民が掘ったといわれ、何千年もの波の浸食で今の姿になった。開口部と奥行きは数十メートルあり、光の入り込まない奥は真っ暗で、天井は奥に行くほど低くなり、よどんだ空気が不気味さを漂わせている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android