手前(読み)テマエ

デジタル大辞泉の解説

て‐まえ〔‐まへ〕【手前】

[名]
自分の目の前。自分のもと。「手前にある本を取る」
自分に近い方。また、目標とするものの前。こちら。「手前の交差点を右折する」「採用の一歩手前の段階」
人の見る前。他人に対する自分の立場・面目・体裁。「少しは世間の手前も考えなさい」「言い出した手前、とても断れない」
腕前。技量。手並み。「お手前拝見」
(「点前」とも書く)茶の湯で、茶をたてたり炭をついだりするときの所作や作法。→御手前(おてまえ)
自分ですること。自前。
「―の商ひをして、大方は仕損じ」〈浮・永代蔵・二〉
自分のものであること。自分の支配下であること。
「―の人足、数千人出て」〈浮・武家義理・三〉
暮らし向き。生計。経済状態。
「一代のうちにかく―富貴になりぬ」〈浮・永代蔵・二〉
[代]
一人称の人代名詞。自分のことを謙遜していう語。わたくし。「手前の生まれは信州です」
二人称の人代名詞。
㋐対等または目下の相手をさしていう。おまえ。→てめえ
「おれは―を憎くて殺したのでねえんだぞ」〈賢治・なめとこ山の熊〉
㋑(「おてまえ」の形で)対等の相手をさしていう。あなた。
「お―の大切にしらるるものをおれが伐るものか」〈咄・鹿の巻筆・一〉

て‐めえ【手前】

[代]《「てまえ」の音変化。「てまえ」のぞんざいな言い方》
一人称の人代名詞。わたし。あっし。「手前にはかかわりのないことです」
二人称の人代名詞。おまえ。きさま。「手前に文句がある」
[補説]1は「あいつはてめえのことしか考えない」「てめえから名のって出る」のように自分自身の意でも用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てめえ【手前】

( 代 )
〔「てまえ」の転。話しことばでのごくくだけた言い方〕
一人称。「てまえ(手前)
」に同じ。 「 -なんかもすっかり老いぼれてしまいまして」
二人称。「てまえ(手前)
」に同じ。 「 -なんかの知ったことか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐まい【手前】

(「てまえ(手前)」の変化した語)
[1] 〘名〙 =てまえ(手前)(一)
咄本・鹿の巻筆(1686)四「吉き弓ならば手前(テマイ)よかるべし」
※落語・星野屋(1893)〈三代目春風亭柳枝〉「御親類何や斯の手前(テマイ)〈略〉檀那様に向ひ彼是と被仰る訳には参りません」
[2] 〘代名〙 =てまえ(手前)(二)
※洒落本・二筋道後篇廓の癖(1799)一「手前(テマイ)にとりまぎれて市さんにツイおめにかかりいせなんだ」

て‐まえ ‥まへ【手前】

[1] 〘名〙
① 自分の目の前。自分の領域、領分。自分のもと。
※上杉家文書‐永正一七年(1520)四月二四日畠山卜山尚順書状「都鄙錯乱手前之様候条難去候」
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「大声を挙げて鞠を蹴る。〈略〉人のてまへを奪ひ取、〈略〉進み出ては蹴てみれど」
② その所より自分に近い方。それよりこちら。
※保元(1220頃か)中「手前六寸しのぎをたてて」
③ 自分の力の及ぶ範囲内にあること。また、そこへ引き入れることなどをいう。自前。
(イ) (「手前に」の形で) 自分の領分に専有すること、自らすることをいう。
浮世草子・日本永代蔵(1688)三「音羽の滝のながれを毎日汲せ、〈略〉手前に湯屋風呂屋を拵へ」
(ロ) (多く「手前の」の形で) 自らの費用でまかなうこと、自らの配下であることをいう。
※俳諧・類船集(1676)天「手前(テマヘ)〈略〉人足つかへともみな手前の百姓ともなり」
(ハ) (「手前の」の形で) 自ら直接することをいう。じか。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「さだまりし貢銭とるをまだるく、手前の商をして、大かたは仕損じ」
④ 手もとの都合。生計をたてること。暮らし向き。特に経済状態についていう。財産。資産。身代。
※虎明本狂言・雁盗人(室町末‐近世初)「代物やってなぜにとってこなんだぞ。いやも身共が手前にはござらぬ」
⑤ 腕前。技量。手腕。手並。技術。
※浮世草子・武道伝来記(1687)六「三手の矢五本当り殊更手前(テマヘ)見事なるに」
⑥ (「点前」とも書く) 茶の湯の所作。点茶・炭置きなどの作法。お手前。
※浮世草子・好色一代男(1682)七「手前(マヘ)のしほらしさ千野利休も此人に生れ替られしかと疑れ侍る」
⑦ 他人の目の前。人の見る前。多く「…の手前」の形で、他に対する気がね、体裁、面目などの意で用いる。
※虎明本狂言・武悪(室町末‐近世初)「さてたのふだ人の手前は何といたさうするそ」
[2] 〘代名〙
① 自称。やや謙遜していう語。わたくし。
※日葡辞書(1603‐04)「Temayeni(テマエニ) カネガ ナイ ホドニ カサセラレイ」
② (反射指示) その人自身。自分。
※随筆・独寝(1724頃)上「手を打事も、〈略〉まづてまへの身をかへりみて打べし」
③ 対称。対等あるいは目下の人に対していう語。おまえ。汝。
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)三「ムウそこで手前が焼餠か」
[3] 〘語素〙 ((一)③から) 名詞の上に付いて、「自前の」「自家の」「自己専属の」などの意を添える。「手前風呂」「手前細工」など。
[語誌](二)③の対称代名詞としては、後期江戸語では「おまえ」や「おめえ」が対等の聞き手に用いられるのに対し、「てまえ」「てめえ」は主に男性が下位の聞き手に対してのみぞんざいに使った。東京語にも受け継がれたが待遇価は落ち、ののしり語として使われる。

て‐めえ【手前】

(「てまえ(手前)」の変化した語)
[1] 〘名〙 月経。
※咄本・聞上手三篇(1773)呪ない「わっちゃ手前(テメヘ)に成そうになった。どうぞとめやふはあるまいかといへば」
[2] 〘代名〙
① =てまえ(手前)(二)②
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「遊(あすび)といふものは〈略〉手(テ)めへから了簡つけてよっぽど勘弁せねばならねへ」
② =てまえ(手前)(二)③
※咄本・無事志有意(1798)若水「てめへくんでやれ」
[語誌]→「てまえ(手前)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手前の関連情報