手前(読み)テマエ

デジタル大辞泉の解説

て‐まえ〔‐まへ〕【手前】

[名]
自分の目の前。自分のもと。「手前にある本を取る」
自分に近い方。また、目標とするものの前。こちら。「手前の交差点を右折する」「採用の一歩手前の段階」
人の見る前。他人に対する自分の立場・面目・体裁。「少しは世間の手前も考えなさい」「言い出した手前、とても断れない」
腕前。技量。手並み。「お手前拝見」
(「点前」とも書く)茶の湯で、茶をたてたり炭をついだりするときの所作や作法。→御手前(おてまえ)
自分ですること。自前。
「―の商ひをして、大方は仕損じ」〈浮・永代蔵・二〉
自分のものであること。自分の支配下であること。
「―の人足、数千人出て」〈浮・武家義理・三〉
暮らし向き。生計。経済状態。
「一代のうちにかく―富貴になりぬ」〈浮・永代蔵・二〉
[代]
一人称の人代名詞。自分のことを謙遜していう語。わたくし。「手前の生まれは信州です」
二人称の人代名詞。
㋐対等または目下の相手をさしていう。おまえ。→てめえ
「おれは―を憎くて殺したのでねえんだぞ」〈賢治・なめとこ山の熊〉
㋑(「おてまえ」の形で)対等の相手をさしていう。あなた。
「お―の大切にしらるるものをおれが伐るものか」〈咄・鹿の巻筆・一〉

て‐めえ【手前】

[代]《「てまえ」の音変化。「てまえ」のぞんざいな言い方》
一人称の人代名詞。わたし。あっし。「手前にはかかわりのないことです」
二人称の人代名詞。おまえ。きさま。「手前に文句がある」
[補説]1は「あいつはてめえのことしか考えない」「てめえから名のって出る」のように自分自身の意でも用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てめえ【手前】

( 代 )
〔「てまえ」の転。話しことばでのごくくだけた言い方〕
一人称。「てまえ(手前)
」に同じ。 「 -なんかもすっかり老いぼれてしまいまして」
二人称。「てまえ(手前)
」に同じ。 「 -なんかの知ったことか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手前の関連情報