マリオン バルトリ(英語表記)Marion Bartoli

現代外国人名録2016「マリオン バルトリ」の解説

マリオン バルトリ
Marion Bartoli

職業・肩書
テニス選手

国籍
フランス

生年月日
1984年10月2日

出生地
ピュイアンヴレー

経歴
6歳からテニスを始める。1992年それまでの片手打ちを両手打ちに変える。2000年プロに転向し、2006年ジャパンオープンで優勝。2007年全英オープン(ウィンブルドン)女子シングルスでビーナス・ウィリアムズ(米国)に敗れ準優勝。2009年全豪オープン8強。2011年全仏オープン準々決勝でスベトラナ・クズネツォワ(ロシア)を下して4強、ウィンブルドンは8強。2013年7月ウィンブルドンは全試合でストレート勝ちし、決勝ではザビーネ・リシキ(ドイツ)を破り4大大会初優勝。4大大会出場47回目での優勝は、1998年に45回目でウィンブルドンを制したヤナ・ノボトナ(チェコ)を塗り替える遅咲き記録。また、上位シード10人と当たらずに優勝したのはウィンブルドン史上初めて。8月現役引退を表明フォアバックハンドとも両手打ちで、力強いストロークが持ち味。ツアー通算8勝。170センチ、63キロ。右利き

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

最新 世界スポーツ人名事典「マリオン バルトリ」の解説

マリオン バルトリ
Marion Bartoli
テニス

テニス選手
生年月日:1984年10月2日
国籍:フランス
出生地:ピュイアンヴレー
経歴:6歳からテニスを始める。1992年それまでの片手打ちを両手打ちに変える。2000年プロに転向し、2006年ジャパンオープンで優勝。2007年全英オープン(ウィンブルドン)女子シングルスでビーナス・ウィリアムズ(米国)に敗れ準優勝。2009年全豪オープン8強。2011年全仏オープン準々決勝でスベトラナ・クズネツォワ(ロシア)を下して4強、ウィンブルドンは8強。2013年7月ウィンブルドンは全試合でストレート勝ちし、決勝ではザビーネ・リシキ(ドイツ)を破り4大大会初優勝。4大大会出場47回目での優勝は、1998年に45回目でウィンブルドンを制したヤナ・ノボトナ(チェコ)を塗り替える遅咲き記録。また、上位シード10人と当たらずに優勝したのはウィンブルドン史上初めて。8月現役引退を表明。フォア、バックハンドとも両手打ちで、力強いストロークが持ち味。ツアー通算8勝。170センチ、63キロ。右利き。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android