片手打ち(読み)カタテウチ

デジタル大辞泉「片手打ち」の解説

かたて‐うち【片手打ち】

[名・形動ナリ]
片手で持って切りつけること。片手切り。片手なぐり。
「―に打ちけるが」〈太平記・二〉
片手落ち」に同じ。
吟味もなされず、―のなされやう」〈・歌念仏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android