コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルギット島 マルギットトウ

デジタル大辞泉の解説

マルギット‐とう〔‐タウ〕【マルギット島】

Margit-sziget》ハンガリーの首都ブダペストを流れるドナウ川の中にある島。長さ2.5キロメートル、幅500メートル。古代ローマ時代より「うさぎの島」と呼ばれ、現在のブダ地区との間に橋が架かっていた。13世紀にハンガリー王ベーラ4世の娘マルギットの名から現名称に改称。18世紀にハプスブルク家の公園として整備された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マルギット島の関連キーワードマルギット橋

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android