コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルテンパー マルテンパーmartempering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルテンパー
martempering

マルテンパともいう。鋼の焼入れ法の一つで,マルテンサイト変態開始温度の Ms と Mf との中間温度の塩浴に焼入れて一定時間保持する方法。 Mf より高い温度なので全部がマルテン化することはなく,したがって焼きひずみや焼割れの危険が少い。またある程度の時間保持するので中心までよく変態が進行し,大型物でも処理できる。通常の炭素鋼でその温度は 150~250℃の範囲である。焼入れ後は Ms より高い温度で焼戻しすれば,残留オーステナイトは分解して強靭なベイナイトになるので結果がよい。これと類似した処理にマルクエンチがある。これは Ms よりやや高い温度にいったん焼入れてしばらく保持したあと冷却し,Ms ,Mf 点を通過させる。焼割れなどの危険が少く安全に全面マルテン化する。 JISではマルクエンチも含めてマルテンパと呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マルテンパーの関連キーワード熱浴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android