コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マル族 マルぞくMaru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マル族
マルぞく
Maru

ミャンマー,エイヤーワディ川支流マイ・カ川東岸のトーゴ地方から中国国境にかけて住むチベット=ビルマ語系の一民族。言語的にはビルマ語とカチン語との間に位置する。交易路沿いでは棚田,ほかでは焼畑で主として稲を栽培する。父系親族組織をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マル族の関連キーワードアブドラ・イブン・アブドル・アジズガジ ヤワルビサヤ族ボド族ジンカ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android