コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレイン酸レボメプロマジン マレインさんレボメプロマジンlevomepromazin maleate

1件 の用語解説(マレイン酸レボメプロマジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレイン酸レボメプロマジン
マレインさんレボメプロマジン
levomepromazin maleate

フェノチアジン系の向精神薬中枢神経系に対する作用として,静穏,制吐,体温下降,骨格筋弛緩,鎮痛,止痒,下垂体ホルモン分泌抑制作用などがある。末梢神経系においては,抗αアドレナリン,抗ヒスタミン,抗セロトニン局所麻酔作用があり,循環系に対しては,心筋抑制,抗不整脈作用を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone