コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレキー Khalīl Malekī

世界大百科事典 第2版の解説

マレキー【Khalīl Malekī】

1901‐69
イランの政治家。タブリーズ生れ。ドイツ留学中にカウツキー流の社会民主主義思想の洗礼を受ける。帰国後は中等学校の教師を務めるが,1937年,タギー・アラニーらとともに反共法違反の嫌疑をかけられた〈53人〉の一人として逮捕される。釈放後トゥーデ党(イラン共産党)の結成に加わるが後に脱党。石油国有化闘争期には自ら〈第三勢力Nīrū‐ye Sevvom〉を結成し,モサッデクを支持した。熱心な中央集権化・ペルシア語化政策の推進者としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マレキーの関連キーワード正岡子規ノーベル賞カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル