コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレキー Khalīl Malekī

1件 の用語解説(マレキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マレキー【Khalīl Malekī】

1901‐69
イランの政治家。タブリーズ生れ。ドイツ留学中にカウツキー流の社会民主主義思想の洗礼を受ける。帰国後は中等学校の教師を務めるが,1937年,タギー・アラニーらとともに反共法違反の嫌疑をかけられた〈53人〉の一人として逮捕される。釈放後トゥーデ党(イラン共産党)の結成に加わるが後に脱党。石油国有化闘争期には自ら〈第三勢力Nīrū‐ye Sevvom〉を結成し,モサッデクを支持した。熱心な中央集権化・ペルシア語化政策の推進者としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マレキーの関連キーワードタブリーズブリアンタブリエイランイラン旭烈兀マッキンリーエブリイランディブリーチーズシャトーブリアン・ステーキタブリーズの歴史的バザール複合体

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone