コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレキー Khalīl Malekī

世界大百科事典 第2版の解説

マレキー【Khalīl Malekī】

1901‐69
イランの政治家。タブリーズ生れ。ドイツ留学中にカウツキー流の社会民主主義思想の洗礼を受ける。帰国後は中等学校の教師を務めるが,1937年,タギー・アラニーらとともに反共法違反の嫌疑をかけられた〈53人〉の一人として逮捕される。釈放後トゥーデ党(イラン共産党)の結成に加わるが後に脱党。石油国有化闘争期には自ら〈第三勢力Nīrū‐ye Sevvom〉を結成し,モサッデクを支持した。熱心な中央集権化・ペルシア語化政策の推進者としても知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マレキーの関連キーワード[各個指定]芸能部門シカゴ・ホワイトソックス内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オークランド・アスレチックスオーストラリア・ニュージーランド文学クリーブランド・インディアンスストリンドベリニューヨーク・ヤンキース

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android