嫌疑(読み)けんぎ

精選版 日本国語大辞典「嫌疑」の解説

けん‐ぎ【嫌疑】

〘名〙 うたがわしいこと。特に、犯罪の事実があるのではないかという疑い容疑
※田氏家集(892頃)下・寛平元年十月九日、御読周易。三年六月十三日講畢「誰累岐頭涜、爻卦何妨属耳聞」
※源氏(1001‐14頃)夕霧「さやうに、けむぎはなれても、またかの遺言は違へじと思ひ給へて」 〔礼記‐曲礼〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「嫌疑」の解説

【嫌疑】けんぎ

まぎらわしいこと。〔礼記、曲礼上〕夫(そ)れ禮は、親疎を定め、疑を決し、同異を別ち、是非をらかにする以なり。

字通「嫌」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android