コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンティネイア Mantineia

1件 の用語解説(マンティネイアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マンティネイア【Mantineia】

ギリシア本土アルカディア高原の古代都市。5地区(デーモス)が集住して国家を形成した。前6世紀末以降ペロポネソス同盟に属したが,南の隣国テゲアと常に対立し,ペロポネソス戦争期には民主的国制改革を行って,前420年アテナイと同盟を結びスパルタに敵対した。前385年スパルタの征服を受けて中心市を解体されたが,レウクトラの戦(前371)の翌年国家を再建し,強固な城壁を張りめぐらした。テーバイの名将エパメイノンダスが,当地でスパルタ軍を破った(前362)ことでも知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone