馬場(読み)ババ

デジタル大辞泉「馬場」の解説

うま‐ば【馬場】

乗馬練習くらべ馬をする場所。ばば。
よい馬の産地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「馬場」の解説

うま‐ば【馬場】

〘名〙
① 乗馬の練習などをするための広場。ばば。馬乗馬場(うまのりばば)
※宇津保(970‐999頃)祭の使「左大将のぬし、てつがひはんとて、むまばについ給へりけるを」
② 良い馬の産地。うまどころ。

ば‐ば【馬場】

〘名〙 乗馬の練習をする場所。馬術の練習や競技をするのに用いる平地。うまば。
※菅家文草(900頃)九・為侍従等請引駒日賜幄座状「比馬場、出居大夫、高昇殿上

ま‐ば【馬場】

〘名〙 山仕事に出た馬の(たま)り場となる、山間のせまい平地。山で伐採した木を集めておく場所や休み場などにも利用する。馬止(まどめ)

ばん‐ば【馬場】

〘名〙 「ばば(馬場)」の変化した語。
※狂言記・富士松(1660)「此のばんばを越えれば」

ばば【馬場】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「馬場」の解説

ばば【馬場】

乗馬,馬術の練習および馬術競技や競馬を行う場所。古代には端午節会に天皇が騎射を観覧した馬場が朝廷武徳殿の前にあり,近衛府兵衛府にも調練のための馬場があった。古代には国家の軍馬供給を目的とするが各地にあったが,これを基盤に古代末から中世にかけて東国を中心に勢力を伸ばした武士は,その軍事力の基礎を騎馬と弓射においた。各地に残る馬場という名には,この牧に由来するものもあると考えられる。また中世武士団の拠点となる広大な豪族の館の中にも必ず馬場があり,戦闘の際の馬揃(うまぞろえ)(勢汰(せいぞろえ))もここで行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android