コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場(読み)ウマバ

デジタル大辞泉の解説

うま‐ば【馬場】

乗馬の練習や競(くら)べ馬をする場所。ばば。
よい馬の産地

ば‐ば【馬場】

乗馬の練習馬術競技、また競馬をする場所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばば【馬場】

乗馬,馬術の練習および馬術技や競馬を行う場所。古代には端午の節会に天皇が騎射を観覧した馬場が朝廷武徳殿の前にあり,近衛府兵衛府にも調練のための馬場があった。古代には国家の軍馬供給を目的とする各地にあったが,これを基盤に古代末から中世にかけて東国を中心に勢力を伸ばした武士は,その軍事力の基礎を騎馬と弓射においた。各地に残る馬場という名には,この牧に由来するものもあると考えられる。また中世武士団の拠点となる広大な豪族の館の中にも必ず馬場があり,戦闘の際の馬揃(うまぞろえ)(勢汰(せいぞろえ))もここで行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うまば【馬場】

乗馬の練習をする広場。武徳殿の前や左右の近衛府にあった。ばば。
良馬の産地。

ばば【馬場】

乗馬の練習や馬術競技・競馬などを行う場所。

ばば【馬場】

姓氏の一。

まば【馬場】

木場こば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬場の関連情報