コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場 ウマバ

デジタル大辞泉の解説

うま‐ば【馬場】

乗馬の練習や競(くら)べ馬をする場所。ばば。
よい馬の産地

ば‐ば【馬場】

乗馬の練習馬術競技、また競馬をする場所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばば【馬場】

乗馬,馬術の練習および馬術技や競馬を行う場所。古代には端午の節会に天皇が騎射を観覧した馬場が朝廷武徳殿の前にあり,近衛府兵衛府にも調練のための馬場があった。古代には国家の軍馬供給を目的とする各地にあったが,これを基盤に古代末から中世にかけて東国を中心に勢力を伸ばした武士は,その軍事力の基礎を騎馬と弓射においた。各地に残る馬場という名には,この牧に由来するものもあると考えられる。また中世武士団の拠点となる広大な豪族の館の中にも必ず馬場があり,戦闘の際の馬揃(うまぞろえ)(勢汰(せいぞろえ))もここで行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うまば【馬場】

乗馬の練習をする広場。武徳殿の前や左右の近衛府にあった。ばば。
良馬の産地。

ばば【馬場】

乗馬の練習や馬術競技・競馬などを行う場所。

ばば【馬場】

姓氏の一。

まば【馬場】

木場こば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

馬場の関連キーワードいまはむかし さかえるかえるのものがたり京都府京都市中京区和久屋町京都府京都市中京区百足屋町京都府京都市中京区鍵屋町京都府京都市下京区柏屋町京都府京都市中京区菊屋町京都府京都市中京区槌屋町三十二文人間ロケット砲ぶたたぬききつねねこかえるがみえる存義(初代)十六文キック森のくまさん右近の馬場左近の馬場十日町市喜多方市海舟散人万里小路高田馬場

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬場の関連情報