コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノルカ種 ミノルカしゅMinorca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミノルカ種
ミノルカしゅ
Minorca

メノルカ島原産の卵用種の鶏。アメリカとイギリスで改良された。地中海沿岸種中最も大きく,羽色は黒,白,バフ色などがあるが,黒色種が最も普及している。産卵は年 130~150個,卵殻は白く,卵重は 65gぐらいで重い。性質は温順でレグホーンより少し弱い。大きい冠と肉垂をもち冬季凍傷になりやすい。成鶏の平均体重は雄 3.8kg,雌 3.2kg。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報